​さいかい産業のなまえの由来
さいかい = 再会 = 再び会うために
一度ご縁があり出会えた人と、再び出会える日のために
日々、志変わらず、今を正直に、全力で取り組んでいくことが大切であるということを信念に、私たちは、気持ちよく笑顔で再会できるよう、日々努力してまいります。
この想いをそのままにSAIKAIは、みなさまにホンモノの“あったかい”を届けるため
warmArts -ウォームアーツ-へ生まれ変わりました。
古川正司(さいかい産業・開発隊長)、仮設工事・関連リースを業務とする会社「さいかい産業」を設立。

2004年(平成16年)5月

​木質ペレットと
ペレットストーブとの出会い。

2005年(平成17年)10月

創立者の古川は以前、鳶職をしていました。

誇りをもって仕事ができ、完成した建物は常に自慢の種でした。

しかし、元請から搾取される構造や、現場の職人を「労働力」というモノのように扱う現状から脱却したいと感じました。

”自分たちで生きていける強い地域”を作って、地域にお金と仕事を回せるしくみを作りたい。
そう考えるようになりました。

ある日、豪雨による水害をきっかけに、森林整備の必要性と整備で出る木をエネルギー利用する「木質ペレット」と「ペレットストーブ」に出会いました。

【さいかい物語】2006年新潟市に木質資源再生燃料工場設立
動画を再生

山の手入れをする

出てきた木を”木質ペレット”というエネルギーにする

”木質ペレット”を使うストーブを売ればいいんだ!


まずは、山に入って木を集めました。

集めた木を原料とするペレットとブリケットの製造工場を作りました。
製造工場は、イタリア人技術者とともに作業を行いました。

新潟市西蒲区竹野町に
木質資源再生燃料工場設立。

2006年(平成18年)8月

にいがたペレット
ブリケット.jpg
木質ペレット・ブリケット
製造販売。

2006年(平成18年)12月​

自社製造のペレットとブリケットの販売をはじめました。
自然木を利用するため土が含まれてしまい、若干灰が多かった燃料でしたが、お客様からは「あたたかい」という嬉しいお声を多くいただきました。

この頃は、よそのペレットストーブの販売をしていて、このストーブには作ったペレットが適していないことがわかりました。

「売ってないんだったら作ってしまおう!」

日本の木で作ったペレットでもちゃんと燃やせるストーブを作り始めました。

ペレットストーブ カローレ

開発に時間をかけてやっとできあがった、オリジナルペレットストーブ第1号機。その名を『カローレ』と名付けました。
カローレは、イタリア語で“ぬくもり”という意味です。

はじめ、『カローレ』は自動着火式で販売しましたが、「着火しない!」というお客様からの声が多く寄せられました。

この問題を解消するために、着火材で手動着火する『カローレ02』を開発しました。

ペレットストーブ「カローレ」
発売。

​2007年(平成19年)3月

バーベキューグリル「きりん君」発売。

​2007年(平成19年)6月

【さいかい物語】2007年きりん君登場
動画を再生

「ストーブのシーズンオフでも木質ペレットが使えるモノ」として、アウトドアフィールドで使える電源不要の『きりん君』を発売しました。

新潟県デザインコンペで「IDS準大賞」受賞した『きりん君』は、手軽にペレットを知ってもらえるツールとして人気の商品になりました。

*のちの「きりん君Ⅱ」「KIRINSAN」の元祖。

ペレットストーブ だるま君.JPG
既製品薪ストーブとペレット
タンクを合体させたストーブ
「だるまくん」発売。

​2007年(平成19年)10月

「高齢になり薪の調達が大変!この薪ストーブをペレットストーブにできないか?」という、薪ストーブユーザー様からのご相談に応えるため、既存の薪ストーブにペレット燃料タンクを合体させたストーブ『だるまくん』を開発しました。
​薪ストーブとはまた少し違うペレットの炎を楽しんでいただきました。

薪も燃やせる無動力ストーブ
「らくだ君」発売。

2008年(平成20年)1月

2008IDS準大賞
無動力ストーブ らくだ君.jpg

電源いらずの無動力ストーブ『らくだ君』は、『きりん君』よりもサイズが大きな無電源ストーブでした。
作業場などでの暖房用として重宝されました。
​バーベキューグリル『きりん君』とともに「IDS準大賞」を受賞しました。

隊長取材
隊長取材
テレビ朝日「報道ステーション」に取り上げられ
全国から問い合わせが殺到。

​2008年(平成20年)2月

事業を始めたころは、ご要望があれば全国どこへでも自分たちの足で駆け回っていて逆にお客様を心配させていたことも・・・。

この放送をきっかけにたくさんのみなさんに共感いただき、志を共にする販売店様がたくさんできました。

今では、おかげさまで、ほぼ全国のお客様が

最寄りの販売店様からSAIKAIペレットストーブをお買い求めいただけるようになりました。

古川正司を中心に

木質ペレット普及団体を設立。

2008年(平成20年)5月

ペレットヒーター AMIGO!
ANAの森イベント1
ANAの森イベント1

press to zoom
ANAの森イベント2
ANAの森イベント2

press to zoom
バイオマスセミナー9
バイオマスセミナー9

press to zoom
ANAの森イベント1
ANAの森イベント1

press to zoom
1/21

ペレットストーブの開発・製造にあけくれるかたわらで、
たくさんのみなさんにペレットやストーブを知ってもらおうと
木質ペレットの普及団体をたちあげ、​さまざまな体験会や講演会を行いました。

ペレットヒーター「AMIGO!」発表。

​2008年(平成20年)8月

ペレットヒーター『AMIGO!』は、木材チップ乾燥用として開発しました。
のちの農業ハウス用ヒーター『エコマスター』シリーズの前身の加温機です。

ペレットストーブ
「カローレYOU」発売。

​2008年(平成20年)9月

ペレットストーブ カローレYOU

よりコンパクトなペレットストーブを目指した『カローレYOU』
『YOU』は、恩人である環境活動家・田中優さんのお名前から命名しました。

新潟エコエネルギー
新越金網(株)
(現・(株)新越ワークス)に
株式売却し、山後春信が
代表取締役に就任。

2009年(平成21年)4月

ペレットストーブの開発・製造に力を入れるため、
木質ペレット製造設備を三条市・新潟エコエネルギー(株)へ

売却しました。

ペレットストーブ「SS-1」発売。

​2009年(平成21年)8月

ペレットストーブ SS-1

カローレ時代のエンジン部分を継承した、温風ファンヒーター『SS-1』を開発しました。

「お求めやすい価格で裾野を広げたい!」

たくさんのみなさんのお手元に届けるため、お手頃価格でご提供し、人気のペレットストーブになりました。

SAIKAI着火材

おが粉と使用済みロウソクを再利用し、環境にやさしい『SAIKAI着火材』。薪ストーブやアウトドアでも好評いただいています。

製造は福祉作業所「NPO法人あおぞらポコレーション」へ依頼し、現在も継続して製造に取り組んでもらっています。

その後、各地域でも同じように着火材制作が広がり、現在では全国10カ所ほどで製造販売されるようになりました。

​あおぞらさんでの着火材製造は現在も続いており、あおぞらさんオリジナルパッケージで引き続き応援していきます。

​あおぞらさんのネットショップで直接ご購入も可能です。

​熊森オーガニクスはこちらから

さいかい産業オリジナル着火材
「SAIKAI着火材」発売。

2009年(平成21年)10月

SAIKAI着火材ができるまで
動画を再生
薪・ペレット兼用ストーブ
「DK-09」発売。

​2009年(平成21年)12月

ペレットストーブ DK-09

既製品の燃焼部をそのまま利用していた「だるま君」を改良!
『DK-09』としてオリジナル燃焼部を開発して商品化しました。

移動式ペレット製造プラントの紹介。
移動式ペレット製造プラントの紹介。

press to zoom
空き倉庫などを活用して、
空き倉庫などを活用して、

press to zoom
木質ペレットの完成。
木質ペレットの完成。

press to zoom
移動式ペレット製造プラントの紹介。
移動式ペレット製造プラントの紹介。

press to zoom
1/9
里山に一番近いペレット工場
「移動式ペレット製造プラント」発表。

2010年(平成22年)6月

全国のいろんな地域からあがる
「自分たちでエネルギーを作りたい!」という声が集まりました。その声に応えるため、『移動式ペレット製造プラント』を発表し、10トン車にのせていろんな地域へ出動しました。

青森、宮城、秋田、新潟、石川、高知などからご要望いただき、これを機会に本格的に木質ペレット製造事業を開始された会社様も多くあります。

ペレット投入量計測実施。

​2010年(平成22年)9月

ペレット検査

各地域で製造される木質ペレットは品質がさまざま。

「各地の多種多様な品質のペレットを燃焼できるようにしたい」

をポリシーとして掲げ、全国のペレットを工場より取り寄せ、品質によってどれだけの差があるのかを検証しました。
その後「ペレット耐久性試験機」を導入し、現在も販売店様や木質ペレット製造工場様の依頼により簡易物理試験を行っています。

エコマスター.jpg
ビニールハウス用
大型温風ヒーター
「エコマスター」発表。

2010年(平成22年)10月

農業用ペレット加温機として開発した『エコマスター』
化石燃料に頼らないハウス加温栽培を目指し、木質ペレットをたくさん使ってもらうことで、CO2排出削減を実現し、「環境にやさしい花卉・花木」という付加価値をつける商品展開が行われました。​

東日本大震災発生。

2011年(平成23年)3月